天使狩り

個人的な文体練習の場

モーレス小説ウォーズ題0ff1c41髭男d15m話!!!!「お前ってオーガストゲーのヒロインの話する時、声が普段より二音半上がるよね」


静岡県某所 iZoo ミドリガメ池「のぶ代」。

はじめしゃちょー「おー、すげー増えてるじゃん。ミドリガメ共!!俺の名前(のぶ代)冠してるんだから手ぇ抜くんじゃねーぞ。手ぇ抜いたら手を入れる専門家を呼んでやるからな~」

意味深な理由でタコの足を移植された労働用ミドリガメ「(ちっ……!ようつうばー如きが何言ってやがるってんだこの新しい男が……!)」

白輪園長「あっ、はじめしゃちょー来てたんですね……あれ?なんだこのでっかいもの……」

はじめしゃちょー「あれはバオバブの木ではないですか?」

ふと、下から土の塊がドリルでもっこりと土から出た

どかーん!がたがたがたがた!

ミソシタ「がははは!我はミソシタ!誰よりも下にいて、全てのものは我よりも下である!この国は治安がいい、まずは手始めに地表をバオバブまみれにして居住不可能にしてやる!」

はじめしゃちょー「なんてことを!そんなことしたら俺たちは難民になってしまう!!入管に怯えながら暮らす人生なんて嫌よ!!!」

白輪園長「ただでさえ美少女総理大臣が上空90kmのところで魔獣と戦ってるご時世なのにこのデカ尻野郎とみたら……」

ミソシタ「その前にお前たちは死ぬわ!!私の相棒、出てこいクソトカゲ!!」

白輪園長「うげっ、そいつはSCP-682だ!!!!ああなんてことだ!」

はじめしゃちょー「俺、腰、引けた。SCP-682だってえwwwwww!!!?????!!!!!!???????!!!!!!!?????www!!!!!???wwwwwwwwwwwwwww!!!!????wwwwwwwww!!????wwwwww!???????wwwwwwwwwwwwwwwwwwwww!!!!!!???????!!!??(!!!!????)」

SCP-682「ぶら゙ぁ゙!゙!゙オマエタチ美味ソウダカラ食ッチャウゾー!!」

みんな「きゃー!!!にげろーーーーーぅ!!!!」


白輪園長「クソトカゲを外に出すわけにはいかねぇ!白輪園長波!!!」

白輪園長の手から大量のパクチーが飛び出してくる!!

はじめしゃちょー「そんなぁ……日本はさらにお終めぇめうよ!ああ、もしここにモーレスファイターがいてくれたら……」

愛知県某所 モーレス合宿所―。

中居さん「なんだと!伊豆でSCP-682が暴れてるだと!!第一話であっさり倒したはずなのに!!!!!」

セルニモン「私スルガ銀行に騙されて金欠だから静岡嫌い!!!浜松市議なんて著作権解放同盟のフロントよ~~~!!!!わかる?!??!!」

ため息リーマン「そんなに静岡嫌いならセルニモン来なくていいや」

マイケル・ジョーダン「俺もお供するぞwwwww!!!ついでに伊東市の美しい山々を崩して無骨なメガソーラー発電機を置こうとするチョッパリ共を粉砕してやる!!!」

中居さん「すげー!!!!!マイケル・ジョーダンが来てくれるなんて!!もう何も怖くない!!じゃあ、今宵も行くか!!!」

静岡県 iZoo―。

中居さん「来たか!えっへっへっへっwwwww」

ため息リーマン「何ヘラヘラしてるんですか。これ始末しましたら熱海のストリップ小屋いきますぞどすえ」

はじめしゃちょー「来てくれたか!あのデコおばけが呼んだクソトカゲはここだ!ここでミドルガメをドバドバ喰ってる!!」

マイケル・ジョーダンバオバブを闘争の道具に使うなんてチテイッパリ(地底人野郎)超バリ許さんぞ!!!」

はじめしゃちょー「たぁ!ちょっとまてよお前マイケル・ジョーダンじゃないだろ!!」

中居さん「え!何どういうこと!?」

ボブ・セルニスター「中居さんごめんなさい。ぼくどうしても中居さんと一緒にいたかったから……」

ため息リーマン「冗談じゃない」

中居さん「うんん、いいんだよ。あとで一緒に思う存分チョッパリを駆逐しよう(チョッパリの意味を理解してない)」

ボブ・セルニスター「うん、ありがとう」

はじめしゃちょー「しかし相手は二体いるぞ、大丈夫か?」

中居さん「オッホホwww大丈夫な訳ないじゃんwwwww。とりあえずクソトカゲぶっ倒しに行くわよ!!」

白輪園長「それがいいでしょう。今自衛隊が682用の水槽を運んで来てるようですしその前にダメージを与えて弱らせましょう!!」

中居さん「何だかポケモンみたいわね!!!!」

ため息リーマン「しかし今僕たちが動いて682に気が付かれたら追いかけられてすぐ簡単に食べられちゃうんですよね……」

ボブ・セルニスター(以下ボブ)「皆さん、僕にいい名案があります!誰かがクソトカゲ(682)の後ろに回り込んで遠距離攻撃するんです。そしたらここにいる僕たちも遠距離攻撃するんです!そしたらクソトカゲ(682)は右往左往するから私たちは一度もけがせず無傷ですみます!」

中居さん「つまりハメ技ってことか!ボブらしい!!」

ボブ「中居さん、僕は自分自身を見つめてやっと僕は弱い、だからモーレスファイターに選ばれたって……」

中居さん「俺はな、強い人は孤独だと思っている。弱くなければ人を守ることはできないが。強すぎれは弱き人を守れない。ボブ、会釈(抱擁)しろ」

ボブ「中居さん……」

中居とボブの親愛度(注:ミートピアのアレ)は12になった!!!!!!ボブに新たな力が加わった!!!

ボブ「これは……中居さんの覇王キャノン!?」

中居さん「お前は俺の真拳を使いこなせると信じている……」

ため息リーマン「で、誰が後ろに行くんですか?」

ボブ「言いだしっぺの僕が行きます!!」

ため息リーマン「じゃあほら行けよ。」

ボブは音も立てずクソトカゲの後ろについた!!!

ボブ「いきますよ、“覇王キャノン”!!!」

覇王中居が召喚され顔の闇空洞からミニ覇王が発射される!!

覇王中居「ドババババババァ!!!」

ミニ覇王がわにゃわにゃ

SCP-682「グワアアアアアア!!!お前喰う!!絶対刺し身して喰う!!!!!」

ボブ「わぁ、わあああああああ!!!!(逃げる)」

中居さん「ボブが追われている!俺の超高速救済を食らえ!!!」

バシューーーーン!!!!

複数のモーニングミサイルが682の背中に食い込む!!!

SCP-682「(ボブを追いかけてて気にしてない)」

中居さん「な!アイツ背中でキャッチしてる……ツエェ!!!」

はじめしゃちょー「このままじゃボブが食われてしまう!!!!!!」

ため息リーマン「はぁ~(僕の恋敵が一人減ったぞ)」

中居さん「え~んえ~ん」

白輪園長「……ん?このエンジン音は何だ?」

ドーーーーーーン!!!!SCP-682の横っ腹に

SCP-682「ピイアアアアアアアアァァッァァッァアアアアア!!!!!」

この時、伊豆半島中のスナックのママが不思議な波動を感じたと後に報告している。

中居さん「あっ!伊沢タクシー!!!!!!!」

浅尾「中居さん!助けに来ました!!!」

伊沢「俺すげー怖いけど!!!世界を守りたいんだよ!!」

いらすとやの医師団(モーレスター知性)「なかいさん!!がんばって!!怪我したら治してあげる!!!」

f:id:Frejatomarried:20180830173329j:plain

中居さん「みんなぁ!!明日の為に!!」

浅尾「まずはもう一回トカゲをうわぁ!!」(突然真下からパオパプが生える)

ミソシタ「忘れてたの?私は周りの至る所にパオパプを生やすことができるのさわ!人類が我が物顔で地球に地に足つく生活に終止符を打って新しいリズムを生み出すのだ!!」

浅尾「これじゃあ手も足もタイヤもでねぇ!!!」

中居さん「こんなステージギミック並みの技を連発できるなんて……」

ため息リーマン「まるでスマブラステージの、、、えーーと、ルイージマンション・・・・・・違う、なんか間欠泉とか溶岩が噴き出るステージがあったはずだけど……なんだっけ……あっそうだプリンスタ!!だっけ……?」

はじめしゃちょー「しかしなぜわざわざ戦線布告したんだ?????!????」

伊沢「たぶん星の王子様の意図をくみ取らないで二次創作と一緒にパオパプを売りつけようとすることにたいしての皮肉だと思うけどそしたら意味不明すぎるだろ!!大体なんでファシズムの比喩がクソトカゲなんだよ!!ミソシタも執筆途中じゃアンダーマイナー(注:Mr.インクレディフルのラスボス)だったじゃん!!」

ミソシタ「ええい!何訳の分からないことを!!!クソトカゲ!!登って喰いなさい!!」

scp-682「アポオオオオオオリイイイイイイイオオオオオオオオ!!!!1!!!11!!」

浅尾「俺は皆を守る!!キャップショット!!(通常横A)」

伊沢「あっ京大の技wwwww」

SCP-682がパオパブの中腹まで上った瞬間。灰色の煙と共に木が折れる。

伊沢タクシー「(バッシャ!)わお!助かった!!」

中居戦車マーク2「キュラキュラキュラキュラ……」

アネッサ「中居さん!!又聞きしてごめん!クソトカゲって聞いて興奮しちゃった!!今夜は……ねっ☆」

うさ耳部長「社内恋愛はダメダメダメダメ!!!」

中居さん「おおんおんおん」

そして、後ろから見覚えのある車が中居さん達の真上を飛んだ

中居さん「これ俺のシーマじゃんwwwww」

杉本るみ(新キャラ)「ごめんなさい。中居の車勝手に借りたわ」

中居さん「保険はついてるんだろな!!」

杉本るみ(新キャラ)「もちろん、厚切りのやつでね……きゃ!!」

ミソシタ「貴方達!テキスト空間に沢山呼ぶつもりなのか!??????パオパブで守れ!!!」

SCP-682「ンググ……(尻尾牽かれる)ウオッ!!!!??!!」

パパから貰ったベンツ「でぇんでぇーん」

オタクに学校来て欲しくない学生「超常現象が平穏な世界に来るんじゃねーよ」

nawashi5806「(しゃがれ声)中居イ゙ーーー!助けに来たぞわ゙ぁ゙」(パオパプが生えベンツが持ち上げられる)

杉本るみ「(パオパプに直進し貫通する)皆さんはしゃぎすぎです。」

ミソシタが生やすパオパプの森を掻い潜るモーレスター車両達のどさくさに交じって新しい車体がエントリーした。

モーレスカー「ピーポーピーポー」

わかめダンス隊「怪獣災害地点に到着!!!解決します!!!」

ワタリ199(新キャラ)「レスキューーーーー!!!!」

こうもり部長(モーレスター46)「チャーン」

ミソシタ「こざかしい飛蝗どもめ!。!?」

ミソシタの目の前に斬られたパオパプの木が倒れる。ミソシタは難なく持ち上げる!!

ミソシタ「なに!」

星野源「世界情勢を滅茶苦茶にする貴方にはおしおきが必要ですね。秘技!!“破壊侵入波耐屈(クラック・イズ・ワック)”」

中居さん「よし!俺もつっぱり中居戦車に変身するぞ!!!そーれ(チャーン!!)変身終了!」

ため息リーマン「あれ?空に何かいますよ」

セルニモン「お~い、みんな合宿所に居なくてさみしいから来ちゃったちん!!」
マスターハンド「貴方達!争いはいい加減にしないと、ごはん抜きだしんよ~~~~(’’}-{’’)」

中居さん「つっぱりみやぞんロボ!!!!!!」

白輪園長「じゃあ儂も(倉庫から水上タクシーKALAを出す)」

中居さん「みんなぁ……よしモーレスエナジーを放出して全員迫真合体でオゾリンナになるぞwwwwwwwww!!!!!!明日のために!!!」

GATTAI!!!!!!!!!

ウーイ!!オゾリンナ!!(ンは短めに)

右から大沢たかお、ため息リーマン、中居さん(中心)、セルニモン、はじめしゃちょー

ため息リーマン「やっぱり操作は中居さんで僕たちはアナライズに専念しろって事ですね。」

中居さん「みんなありがとう!!!!来週おごるよおおおおおおおおお!!!!オゾリンナスピア!!」

赦キーン(雪見大福の刺すやつ)

SCP-682「キャー―――(浄化)」

682は浄化された!!!!

ミソシタ「(超常生物にのみ効くエネルギーの爆発が起きて吹っ飛ぶ)」

中居さん「やったあ!!!!!」

???「なに邪魔しとんねんお前」

ため息リーマン「え、嘘でしょアラーキ!!」

浜ちゃん「おうおうお前たちよくもミソシタしばきやがったなコッラ!」

松ちゃん「まぁ、奥の手があるからいいんやけどな」

大沢たかお「奥の手……まさか!」

一発屋芸人「ゥゥゥゥウヮアヮヮワワアワワワアアワアアアアアアアアヮワワワワワ……タスケテ……」

ため息リーマン「一発屋芸人の隕石だと!!!」

ボブ「中居さん!二人を止めないと!!!!」

中居さん「こうなったらオゾリンナで掴むぞwwwww隕石跳ね返して張り倒してやるわよ!!!」

ガシーン!

大沢たかお「掴んだ!ぐおおおおお!!!」(注:オゾリンナの指で押されて潰された一発屋はいたかもしれません。)

ため息リーマン「ンッ……重い」

はじめしゃちょー「こりゃ……キツい」

セルニモン「うーーーーーーーーーーーー!!!」

中居さん「(ガビーン!駄目だやっぱ!重すぎる!)岡部!!このままだと静岡が危ない!!叫べ!!!」

中居さんとため息リーマンは世界中からセルニモンと中居さんを呼んだ!!!!!

世界中から来たセルニモン「「「「世界が何一つ変わらず迎える明日の為に!!」」」」

世界中から来た中居さん「「「「また辛い朝を救済できるように!」」」」


実質世界中の声「「「「「「「「力貸します!!!アイアム・ザ・ウマイアム!!!!!!」」」」」」」」

来てくれたセルニモン達一覧

・モト冬木
トルネコ
モーリー・ロバートソン
小日向文世
・バイきんぐ小峠
トレンディーエンジェル斉藤
・チャールズ・ストロフ
・友蔵
・短小メガネ野郎(短ちゃん)
・ケツデカ課長
おじゃる丸でコーヒー作ってる人
おじゃる丸で屋根の上でウクレレ弾いてる人
・角野卓三
・はるな
・ザビエル
フィル・コリンズ
・ハゲた人
・そこらへんの石

ため息リーマンが呼んだ世界中の中居さん

なかい


オゾリンナ「ぐおおおおおお!!!!!!!」
道は違った、けど胸にある信念は一つになった
世界中のセルニモン「あああああああああ!!!!!」
ただ届かない未来、それはもう誰も知れぬ世界
世界中の中居さん「ぱああああああああああああああああ亜亜亜亜亜亜亜亜亜亜亜亜亜亜亜亜亜亜亜亜亜亜亜亜亜亜亜ああ!!!!!」

 

 

 


今、最後に思うのは最愛の

 

 

 

 

 

 


中居さん「ためリー!!!!」

ため息リーマン「中居さん!!!!!!!!!!!」

風雲たけし号「おういうっせえんだよ馬鹿野郎!!!!!」ドカーン!!!!!

こうして一発屋隕石は突然現れた風雲たけし号によって粉砕された。モーレスファイター達の史上最大のバトルは呆気なく終わった。静岡の危機を救ったビートたけし静岡県民の99パーセントが知る英雄として今後1000兆年は奉られるだろうと予測される。

中居さん「あー一番オイシい所持ってかれたなぁ~~」

ため息リーマン「しょうがないですよ、BIG3ですから。」

セルニモン「でもまた一つの危機が去った……んですかね……」

はじめしゃちょー「あの二人がモーレスファイターの敵だったことに正直悲しくなったよ俺」

中居さん「そういえば、ボブとの約束を果たすんだったな。ところで“チョッパリ”って何?」

その後、中居さんは日本で悪徳の限りを尽くし、悪魔の子と呼ばれてしまったがそれはまた別のお話・・・。

”dele”?[yes/no]


中居さん「なんで山田孝之くんが!?????」

山田孝之「わっはっはwwwww俺モーレスターで一番活躍してるのに今回一回も出番が無いとかひどくねwwwwWWWWWWWW?」

山田孝之「あっそうだ。僕と菅田将暉くんが主役を演じるドラマ、“dele(ディーリー)”は毎週金曜日の午後11:45から朝日テレビ系列で絶賛放送中(執筆当時)です。ストーリーや演出がハイレベルなのは当たり前として、僕と菅田くんとのかけ合いや、菅田くんとゲストのかけ合いや、僕のちょっとギャップのある一面など見所盛り沢山なので、皆様、ぜひご視聴ください。

f:id:Frejatomarried:20180830172951j:plain

中居さん「俺の番組と東大王以外見てるようなクソテレビ野郎とかテレビ持ってないのを自慢するフォースの暗黒面に落ちた連中とかはとにかく見ろ!!雰囲気は変わらないけど一話一話ジャンルが違いすぎるから全話見ろ!!あとゲストは大抵死体役だぞ!!そして山田孝之は肝心なシーン以外にはあんまり出ないぞ!!」

あとがき

プラントハンターがやらかしたから書いた。今後もあいつがやらかす度に書く。シリーズ化することを切に望む(シリーズ化しないってことは死ぬか逮捕されるかってことだから)